意外と困る香典のマナーについて

香典は「香を供える」という意味から由来していますが、葬儀などで金銭的にも負担のかかる遺族へいたわりの気持ちを込めて包むお金のことです。宗教や宗派によって葬儀の形式が違うように香典袋の選び方や表書きの書き方もそれぞれ違います。訃報を受けたときは、まず故人の宗旨を確認しましょう。キリスト教以外は「結び切り」の水引で「のし」なしの香典袋が一般的です。表書きですが、仏式は「ご霊前」神式は「玉串量」キリスト教では「お花料」などと書くのが一般的です。そして、意外と悩むのが包む金額です。冠婚葬祭の中でも結婚式などのご祝儀とは違い、葬儀の時の相場はなかなか人には聞きにくいものです。地域によって個人差はありますが、自分や配偶者の両親なら5万から10万円、兄弟姉妹なら3万から5万円、親戚や恩師などは1万円が一般的です。また、友人や会社の同僚、ご近所の方などは3千円から5千円が一般的です。1万円以上包む場合は正式な水引の袋で、1万円以下の場合は水引が印刷された袋で包みます。少額なのに立派な水引の袋で渡すのは逆に失礼に当たります。また、縁起が悪いと言われる4と9が関わる金額は避けましょう。葬儀のマナーは地域によって違います。迷った時はその土地の風習に従うのが安心です。