香典のマナーの情報は入手しやすくなっています。

冠婚葬祭の香典のマナーとして、特に葬式の場合には名前などの記入は薄い墨にし、お札は新札以外の使用済みのお札を使用することです。薄い墨や使用済みのお札にする理由は、亡くなったことに対して哀悼の意を表わすことを意味しています。また、結婚式の香典に関しては墨でくっきりと記入し、お札も新札を使用します。新札には結婚といった慶事を待っていたということを意味し、入れる金額も必ず奇数になるように入金します。このような冠婚葬祭での香典のマナーは、最近では手軽に情報を入手することができるようになっています。近年では社会人としての嗜みとして非常に注目されており、書籍やインターネット、テレビ番組など様々なメディアでも取り上げられることが多くなっています。特に書籍では専門家が監修などを行ない、イラストなどを使って解説が行われています。私も冠婚葬祭のマナーについての確認を行う時には、書籍を利用して参考にしています。