冠婚葬祭の香典マナー

冠婚葬祭の中でも、香典に関するマナーについてお話します。香典とは、通夜または葬式の日に持参するもので、死者の霊前に供える形式になります。のし袋の書き方は宗教によって異なることもありますので、予め相手方の宗教などを聞いておくと良いでしょう。また、遠方のためどうしても郵送しか方法がない…という場合は、それでも構いません。お手紙などと一緒に送ると良いと思います。金額につきましては、大体は5000円から…お付き合いの深さによって変わってくるのが一般的です。そして、必ず現金書留の袋に入れ郵便局などから送ることが出来ます。上段に「御霊前」下段に「自身の名前」を書くようにしましょう。逆に香典を頂く側のマナーとしましては、気持ちの整理がつき、慌ただしい後片付けなどが終了した後に、ゆっくりとお礼の気持ちを込めてお返しとして送ると良いでしょう。手紙などを添えると、いっそう気持ちが伝わると思います。マナーというよりは、気持ちの問題かと思われます。

心を満たす家SATIS
お客様の満足を形にした家を設計します

http://www.koganeya-148.com/
お墓のことならなんでもご相談下さい。

印刷会社の大手企業の採用情報を確認したい
こちらのページから確認

大阪の夜を満喫できるクルージング
ぜひ当船に乗ってみてください

温泉リラクゼーション
カトープレジャーグループがご提供します