冠婚葬祭の香典マナー

冠婚葬祭の中でも、香典に関するマナーについてお話します。香典とは、通夜または葬式の日に持参するもので、死者の霊前に供える形式になります。のし袋の書き方は宗教によって異なることもありますので、予め相手方の宗教などを聞いておくと良いでしょう。また、遠方のためどうしても郵送しか方法がない…という場合は、それでも構いません。お手紙などと一緒に送ると良いと思います。金額につきましては、大体は5000円から…お付き合いの深さによって変わってくるのが一般的です。そして、必ず現金書留の袋に入れ郵便局などから送ることが出来ます。上段に「御霊前」下段に「自身の名前」を書くようにしましょう。逆に香典を頂く側のマナーとしましては、気持ちの整理がつき、慌ただしい後片付けなどが終了した後に、ゆっくりとお礼の気持ちを込めてお返しとして送ると良いでしょう。手紙などを添えると、いっそう気持ちが伝わると思います。マナーというよりは、気持ちの問題かと思われます。

知っておきたい化粧品情報

フジ住宅の裁判・訴訟の流れ

全てが進化した化粧品情報を見てみませんか?

故人様の遺骨を大切にお墓に納めます